コラーゲンを摂取して肌のハリ対策を!


肌のハリやみずみずしさを守るためにコラーゲンが大切なことは、近頃ではよく知られていますね。その証拠に、化粧品でも、肌ケア用品でも、食品でも何かと、コラーゲン入りのものがもてはやされています。


とはいえ、化粧品にコラーゲンが配合されているからといって、すべてが表皮に吸収されたり、ましてや真皮層にまで届くわけではありません。仮に吸収されたとして、それが新しい肌の生成や弾力の維持にうまく使われるとは限りません。

また、ひとことに「コラーゲン配合」と言っても、その成分や含有量はメーカーなどによって様々です。ほんのちょっとでもコラーゲンの成分が入っておけば、「コラーゲン配合」と記載できるわけですから、品質には差があると言わざるを得ません。


コラーゲンが含まれる食品にしても、口から摂取するわけですから初めはすべて胃に入ります。アミノ酸に分解されて、体中の必要なところに届けられます。

コラーゲンは体内の様々な器官に必要とされる、まさに人気者です。骨や筋肉、血管、細胞にまで必要とされているわけですから、肌だけで独り占めはできません。


しかしそれでも、化粧品や食品からコラーゲンを摂取することは、決して無駄なことではありません。すべてが肌のハリの維持にうまく使われるわけではないにしろ、やはり摂取しなければ肌のコラーゲン成分は減る一方だからです。


肌も体の他の器官と同じように新陳代謝が繰り返されており、古いものは壊され、新しいものが作られています。加齢によって新陳代謝のペースは落ちるので、これを維持することが肌のハリを保つポイントです。

コラーゲンなど新しい肌を作るための物質が充分に補給されなければ、肌は壊されるばかりで新陳代謝がうまくいきません。だから、よりうまくコラーゲンを吸収するような方法で摂取すべきなのです。


コラーゲン吸収をよくするには、ビタミンCと一緒に摂取するのがよいと言われています。食事の際も、化粧品を使う際も、ビタミンCと一緒に摂る、もしくは配合のものを使うとよいでしょう。

食事でのビタミンCの摂取が難しい場合は、サプリメントを使うのもよいかもしれません。ただし、サプリメントばかりに頼るのではなく、野菜や果物などできるだけ新鮮なもので補えるといいですね。特に食物繊維は、糖分がコラーゲンと結びついて肌が老化するのを防ぐ働きがあると言われています。

 肌のハリを取り戻す化粧品は?







このページの先頭へ