首ケアでアンチエイジング


アンチエイジング化粧品、アンチエイジング食品などアンチエイジングという言葉をよく耳にします。誰もが避けて通れない「老け」ですが、多くの人が避けたいのが「老け」でもあります。

避けるのは無理にしても、遅らせたり、止めたりくらいはしたいですよね。それがまさに、アンチエイジングです。


アンチエイジングと聞くと、つい顔のことばかりが意識されがちです。確かに顔は常に出ていて見られる部分ですし、他人からの印象が決まる最重要ポイントでもあります。しかし顔だけ対策をすればいいのではありません。実は、首もアンチエイジングには欠かせないポイントなのです。


二重あごや首のシワは、老けて見られる要因のひとつになります。顔のシワと大きく異なるのは、乾燥よりも、皮膚のたるみが主な原因であるということです。つまり、同じ姿勢でいることによる筋力の低下や脂肪のつきすぎを意味します。

特にデスクワークなどで、表情筋をあまり使わず、下を向いて長時間作業をしている人はなりやすいです。仕事上仕方のないことですが、休憩時には上を向いて首の皮膚を引き上げるように口を動かしたりするなど意識的な行動が必要になります。


より効果的に首の周囲の筋肉を鍛えるには、両手を後ろに組み、胸を張るように伸ばしてから、ゆっくり上を見上げます。そのまま口先をとんがらせて首の皮膚を伸ばして、5秒数えます。そしてゆっくり元に戻しましょう。ポイントは胸を反らして肩から引っ張るように行うことです。

ちょっととんがり口を見られるのは恥ずかしいかもしれませんが、これならオフィスの隅っこでもできます。


家では、スキンケア時に顔と同じケアをすることです。顔に化粧水をつければ同じように首につけ、乳液をつければ同じように首にもつけます。顔との差をなくすことが、よりアンチエイジングにつながります。

首は一度シワがついてしまうと、なかなか解消しづらいのでできるだけ予防を、すでについているならばこれ以上深く刻まれないよう、すぐに対処しましょう。





このページの先頭へ