アンチエイジングと美白


「色白は七難隠す」という言葉通り、美しい肌の白さは他の気になる部分を大きくカバーしてくれます。白く美しい肌は、女性の憧れ。でも、色白な人ほど目立つのがシミやくすみ。おまけに、シミやくすみが見えると急に年をとってみられてしまうのが悲しいところです。


シミとくすみの原因となるのは、表皮の奥にあるメラノサイトという色素を作り出す細胞です。紫外線が当たると、皮膚を守るためにメラニン色素を作りますが、その色素がシミやくすみとなって表れるのです。


そして、確かに年齢を重ねるにしたがって、今まで積み重ねられてきたシミやくすみが目立ってくるのも事実です。老化によって、紫外線からの肌を守る作用も弱まってくるのです。

シミやくすみが気になってきたら、どうすればよいのでしょうか。まず大切なのはできるだけ紫外線を避けることです。外出する時や長時間屋外にいる時には、日焼け止めやファンデーションを塗り、帽子や衣服で紫外線をシャットアウトします。

肌だけではなく、目から入る紫外線も識別してメラニン色素を作り出しますので、サングラスを掛けることも非常に効果的です。


さらに、美白成分を多く含んだ化粧品などを利用して、美白に努めましょう。美白成分の多くはメラニン色素が作られるのを抑える働きをしています。美白はできて濃くなってしまってからよりも、できる前、そしてまだ目立たないうちに対処するのが最も重要です。


美白成分として有名なのは、「ビタミンC」です。ビタミンCは、メラニン色素が作られるのを抑えるにくくするだけでなく、色素を薄くする効果もあります。他にも、コラーゲンの生成を助け、活性酸素から肌を守る働きをする、肌に嬉しい成分です。


その他、「ハイドロキノン」は作られた色素を薄くする作用があります。とても効果の高いものですが、稀にアレルギーを起こす方もいるので、注意が必要です。

また「アルファアルブチン」は、メラニン色素が作られるのを防ぎ、イソフラボン等の女性ホルモンと似た働きをする成分も、メラニン色素ができにくくする働きがあります。


それだけではなく、女性ホルモンのもつ肌のうるおいを保つ働きや、肌本来のもっている力を助ける効果も期待できる成分です。





このページの先頭へ