しわの原因・予防策


歳を重ねるとともに、こんな所にあったっけ・・?と知らない間にしわができている場合もあります。これは肌が老化している事が原因です。では、肌はなぜ老化するのでしょうか?

それは加齢で肌のコラーゲンやエラスチンという弾力を保つ繊維が失われてしまうからなのです。そして、肌にとって外から受けてしまう原因として一番大きいのは紫外線です。


一般的には紫外線を受けると日焼けをしてそれが肌によくないという事は有名なのですが、見逃せない「光老化」というものがあるのです。この光老化がしわを作る原因となっています。特に顔はあまり隠す事はありませんよね。腕や足なら服を着て隠れている時も多いのですが、顔はそうはいきません。

そのため、紫外線の影響を受けやすく、光老化でしわが増えてしまうのです。

紫外線を浴びてしまうと、コラーゲンが束で集まっていたものが小さくなってバラバラになります。そして、肌の弾力を保っていたエラスチンは酵素の影響で変形してしまいます。これがしわの正体です。


少しだけの外出ならと考えてはいけません。数分浴びてしまうと、数時間でこのような現象が起こり、しわを作ってしまいます。もちろん、1回ですぐしわになる事はないのですが、それを繰り返していくうちに目に見てわかるしわになるのです。

特に歳を重ねるとダメージが蓄積されるとともに、コラーゲンやエラスチンを再生させる機能が衰えてしまいますので、更にしわは進行していきます。

それと同時に気を付けたいのが「乾燥」です。皮膚が乾燥してしまう事で、硬くなってしまいますので、しわになりやすいです。アミノ酸が皮膚の水分量を保ち、細胞間脂質が角質をつないでいるのですが、これが歳を重ねると減ってしまいます。皮膚のカサカサがしわになっていくのです。


年齢を重ねるとどうしてもしわを作る原因は増えてしまい、活性酸素が増えたり、女性ホルモンが減ってきたりします。予防方法としては、紫外線を受けないようにする、乾燥しないようにするといった基本的な所からです。一番はしわができる前に予防する事、それが大切です。

さらに活性酸素を発生させないためにはストレスをためないようにすることも大切ですね。若いころの不摂生が後になってダメージになってしまう事のないよう、気を付けたいものです。

もしできてしまったら、皮膚の弾力を取り戻す成分の入った化粧品を使ったり、さらにひどい場合は外科的な手術で治す事が出来ます。





このページの先頭へ