お肌の老化のメカニズム


若いお肌はツルツルと張りがあり、水も弾きピチピチしています。しかしながら、年齢を重ねてしまうと次第にその張りがなくなってきて艶もなくなりシワも目立ちますし、これがお肌の老化になります。

最近はアンチエイジングという考え方も定着してきています。ここでは、お肌の二つのメカニズムと老化の原因をみてゆきたいと
思います。


お肌の役割は身体全体を包み込んで、外部からの刺激から守ることです。お肌は毎日のように摩耗してゆき、それと同時に常に新しい細胞が生まれ再生してゆきます。

お肌の構造は一枚の皮になっているのではなく、表皮と真皮という二層構造になっています。それぞれのメカニズムをみてゆきましょう。


一番目は、表皮のメカニズムです。
表皮の一番したの層である<基底細胞層>では新しい表皮細胞が作られて約28日かけて表皮の一番外側に届いて<角質層>になります。その後14日間かけて垢として剥がれ落ちますが、このサイクルがお肌のターンオーバーと呼ばれるものです。

ただし、加齢によってこのサイクルも徐々に日数がかかるようになり、角質層も乱れてきて層が厚くなります。メラニン色素が皮膚に残りやすくなって、そのためにシミやくすみになってしまいます。


二番目は、真皮のメカニズムです。
真皮層は、線維や毛細血管・リンパ管などが詰まっていて表皮層を構成しています。酸素や栄養素を送り込み老廃物を除去します。

メイン成分はコラーゲンとエラスチンで、これらの間を埋めるのがヒアルロン酸を代表とするものです。コラーゲンやエラスチンは、線維芽細胞から分泌されて、皮膚の弾力や張りはこれらによって左右されます。


以上、お肌の二つのメカニズムと老化の原因をみてきました。
金属や繊維などをイメージしていただくと分かりやすいですが、ずっと使用してきたら自然と衰えてきます。

外的刺激を長期間受け続けてくると疲労してくるのですが、お肌もこれと同様に少しずつ疲労してきます。加齢によって体力が落ちてくるようにお肌の機能も低下してくるわけです。




このページの先頭へ