紫外線による光老化の悪影響


わずか数分間でも紫外線を浴びるとお肌はダメージを受けますから、長年浴び続けているシミ・シワ・たるみを引きおこしてしまいます。このことを<光老化>と呼んでおり、お肌に一番悪い影響を与える原因になっています。

顔と比べて太股の内側やお尻はほとんど紫外線に当たりませんから若い人のお肌も年輩の人のお肌もさほど変わりませんから、この事実を見ても紫外線がどれほどお肌に悪影響があるか分かるでしょう。

ここでは、紫外線による光老化の悪影響についてお話をします。


紫外線のうちのUV-Aはメラノサイトを活性化させて黒くなってしまう日焼けをおこしますから、UV-Bより急激な作用はないですが、知らない間に光老化を促進させているのがこのUV-Aになります。

紫外線の中でもUV-Aは波長が長いですから雲や窓ガラスも通り抜ける特徴があり、晴れた日にしか心配が要らないUV-Bよりも20倍から30倍の量が注がれています。


UV-Aはお肌の真皮まで到達しお肌の張りを保つコラーゲンとエラスチンの二つの繊維を破壊する酵素を増加させ、コラーゲンは小さく切り刻まれてエラスチンは変形してしまいます。

この結果、皮膚は弾力を失って弛みヒダができてシワを発生させてしまいます。お肌の細胞を遺伝子レベルで損傷してしまい皮膚の免疫力も低下します。


一方のUV-Bはお肌の表皮にあるメラニン細胞を刺激し活発化させるようにしてメラニンを生成させて日焼けさせてしまいます。エネルギーが強くて表皮細胞の遺伝子を損傷させるのでシミや皮膚がんの原因となってしまいます。

こちらの方は波長が短いのでお肌の真皮の深い部分にまでは直接届くことはありませんが、真皮にあるお肌の張りを保つコラーゲン繊維を破壊してしまうコラゲナーゼと呼ばれる酵素の作用を高めてしまうので間接的にシワの要因となってしまいます。


以上、紫外線による光老化の悪影響について説明しました。紫外線が本当に怖いのは日焼けではなく次第に蓄積されてくる光老化です。お肌の老化現象は加齢によることよりも光老化の方が要因が大きいことが分かってきております。




このページの先頭へ