日焼け止めクリームの使い方


肌を紫外線から守ってくれる日焼け止めクリーム。紫外線は深いシワができる原因です。しっかり紫外線対策をしてシワや法令線を予防しましょう。紫外線対策をしっかりと行うには、日焼け止めクリームの使い方にも注意が必要です。ただ塗れば良いというわけではありませんので、きちんと実践してください。


日焼け止めクリームは外出する時だけつければ良いと思っているかもしれませんが、紫外線から肌を守るために、日焼け止めクリームは毎日使用しましょう。紫外線は曇っていても雨が降っていても、私たちの肌に届いています。朝のスキンケアの時に日焼け止めクリームをつかるということを習慣にしましょう。


でもその一方で、塗り過ぎは禁物です。肌を傷めてしまいますので、説明書を良く読んで、 使用する用量はきちんと守ってください。

日焼け止めクリームは、鼻のてっぺんやほほ骨、おでこなど、出っ張っていて紫外線に当たりやすい部分にはしっかり塗る必要がありますが、他の部分にはたっぷりつける必要はありません。 くれぐれも必要以上に塗り過ぎないようにしてください。


あと、気をつけて欲しいことは、時々日焼け止めクリームを塗り直す必要があることです。 特に夏場は汗をかきますので、日焼け止めクリームが汗で流れてしまいます。 日焼け止めクリームにムラができてしまうと、ムラになった部分は紫外線を浴びてしまいますので、塗り直しが必要です。


日焼け止めクリームを塗り直すときは、できたらサッと洗顔することがおすすめです。 その方がムラなく塗り直すことができます。洗顔ができない場合は、濡れタオルなどでひと拭きすると良いでしょう。


女性はほとんどの人がメイクをすると思いますが、ファンデーションの下地に日焼け止めクリームを混ぜて使うと ムラなく塗れます。ファンデーションにもUVカットのものがたくさん出ていますが、ファンデーションだけでは紫外線はカットしきれません。

必ず日焼け止めクリームと合わせて使うようにしましょう。


肌にハリを与える化粧品は?  詳しくはこちら





このページの先頭へ