努力でアンチエイジング!


身体のあちらこちらで出てくる老化現象でその原因も色々ですが、ある程度の年齢に達すると起こりますし努力によって予防もできます。ここでは努力によってアンチエイジングできることを紹介します。

一番目は、お肌のシミやシワ予防です。皮膚の老化には個人個人で差がありますし箇所によっても違います。お肌の老化の8割以上が太陽光線の影響だと言われており、日光の当たりやすいお肌ほど早く老化してしまいます。


太陽の影響で発生する老化現象には、お肌の乾燥・発汗の現象・毛の成長低下・シワがあります。中でもお肌の乾燥やシワは40歳頃から目立ちますが、帽子を使ったり日焼け止めを使い紫外線の影響を受けないようにすると老化を遅らせます。

洗顔方法にも注意が必要で、たわしやスポンジなどでお肌をこすると皮脂が落ちすぎて乾燥しやすくなります。石けんを充分に泡立て撫で荒いをするだけでも充分です。手が届く範囲は、手と石けんだけで洗うようにすると良いでしょう。


二番目は、体力や筋力を鍛えることです。身体を支えている筋肉とか骨は二十歳程度までに発達して、それ以降は緩やかに衰えてゆきます。その理由は筋肉などを作る成長ホルモンの分泌が激減するからです。

けれども年齢が高くなってもそれなりの運動をしておけば体力や筋力も衰えるペースを遅らせることは可能です。反対に日常最低限度しか身体を動かしていなければ、体力や筋力ともに衰退するスピードが加速してしまいます。


三番目は、歯のぐらつきや抜けです。
30歳代程度ならばまだまだ現実的には感じないでしょうが、歯がぐらついて抜けてしまうのも老化現象のひとつで、歯周病などの病気が原因になります。

歯周病は、歯磨きによって落とせなかった食べ物の残りや歯垢が歯と歯茎の間に膿がたまる歯槽膿漏になり最終的に歯がぐらつき抜けてしまいます。デンタルフロスなどで歯と歯の間をしっかり落とす歯磨きをするのがベストです。

たとえば、唾液は殺菌作用がある酵素を含みますから、食べものをしっかりと噛んで食べてしっかりと唾液を分泌させる習慣も大切になります。これ以外にもお茶に含まれるフッ素とかカテキンも抗菌作用がありますから、食後に飲む習慣を心がけましょう。


以上、努力によってアンチエイジングできることを紹介しました。気になる点がありましたら生活改善をしてゆきましょう。





このページの先頭へ