お肌を若く保つための方法


お肌はあなたの一生涯付き合う大切なものですから優しくケアすることが大切です。ここではお肌を若く保つための方法をご紹介しましょう。


一番目は、栄養バランスの良い食事をすることで、これが基本中の基本です。新しい肌細胞の元になるものは各種の栄養素ですから食生活が乱れていると老化は早まります。

二番目は、お肌に合わせたスキンケアをすることで、これをしない限りは老化は進む一方です。

三番目は、シミ・シワを作らないために紫外線対策をすることです。長時間に渡って紫外線を浴び続けることは駄目ですし、少しの外出時でも防止を被ったり日焼け止めクリームやファンデーションを塗り、お肌の保護をしておきましょう。

四番目は、禁煙するか少なくとも1日に10本以内に本数を減らしましょう。喫煙すると血管が縮んで血行が悪くなり栄養分が末梢まで行き届かなくなり、お肌の表面温度が低下します。

結果としてお肌がくすんだり乾燥したりして悪影響を与え、体内に多量の活性酸素を発生させビタミンCも喪失させます。

五番目は、睡眠を充分に取ることです。夜間は副交感神経が優位に働き成長ホルモンもたくさん分泌される時間帯です。しっかり睡眠を取るとお肌は新しい細胞をつくって老廃物を出してくれます。逆に睡眠不足だとお肌の新陳代謝・ターンオーバーは上手く機能しません。

六番目は、突然激しい運動をしないことです。運動すると酸素消費量が増加し、それに連れて老化の原因になる活性酸素も多く発生します。

七番目は、パソコンを使用する場合には一時間毎に休憩をすることです。電磁波も活性酸素を発生させるかもしれないという指摘があります。

八番目は、ストレス解消をすることです。ストレスは活性酸素を発せさせるのでお肌には悪影響がありますし、ストレスが解消されないとお肌の老化が進むのみならず心身の病気の原因になります。


以上、お肌を若く保つための方法をご紹介しましたので、できるものから取り入れましょう。





このページの先頭へ