しわやたるみの美容外科手術


しわやたるみには、色々な治療法があるということをご存知ですか?

美容整形等のテレビ番組で施術しているのを見かけたことがあるかもしれません。大掛かりなものから、お小遣い程度で出来るものまで、現在では多種多様になっています。ここではしわやたるみを改善する、具体的な治療法を紹介します。


一つ目は、手術をする方法です。
実際に肌にメスをいれて施術する方法です。成功したときの効果が大きい分、失敗したときのリスクも高いと考えておいてください。

具体的にしわやたるみを解消するためには、顔を吊り上げる方法と切開し肌をある程度切除することでしわやたるみをなくす方法があります。

吊り上げる方法で有名なのは「フェイスリフト」です。フェイスリフトは、特に頬部分に高い効果が期待できます。身体と反応を起こしにくいとされている物質を糸状にして使用し、内側から引っ張り挙げることで、表面のハリを保つのです。


いくら反応しにくいとは言ってもやはり異物は異物です。身体が拒否反応をおこるリスクも頭に入れておくようにしてください。

切開する方法で有名なのは、脂肪除去手術や思瞼手術です。主に目の周りに効果的な施術です。こちらの方法は身体の体質によっては、傷口が治らないまま無残な姿になる可能性もあります。しっかりと医師に相談するようにしてください。


二つ目はケミカルピーリングです。
ケミカルピーリングとは、皮膚に薬品を塗り反応させて、古い表面の肌をはがし、新しいきれいな肌を再生させる方法です。古い角質が原因でできている小じわに大きな効果を発揮します。

レベルは1~4まであり、通常は2までで対応することが多いようです。たるみにまで効果があるのは3以上の強いピーリングです。これは皮膚へのダメージも大きいので、注意してください。


また肌の状態が悪いと、余計に悪化させてしまう場合もありますので、注意が必要です。数回の施術を繰り返して、きれいな角質を作り上げていくのが一般的です。





このページの先頭へ