顔のたるみが気になる40代!


年齢とともに、顔のたるみが気になる、という人はたくさんいると思います。顔にたるみがあるかないかで、見た目の印象はまったく違ってきます。たるみはその人を一気にフケさせてしまいます。

たるみが気になり始めるのは、主に40代の女性でしょう。たるみは加齢によってできると思われていますが、表情が乏しい人であれば、若い人でもたるみが起こります。

顔のたるみは、真皮のコラーゲン不足が原因です。コラーゲンは肌のハリや弾力を保っているものですから、コラーゲンが多い真皮には、水分が豊富に含まれています。


顔のたるみを改善するには、意識してコラーゲンを摂取するようにしましょう。コラーゲンが多く含まれる食べ物は、牛スジ、フカヒレ、鶏皮、鶏手羽、軟骨、ゼリーなどがありますが、毎日摂りにくい場合はサプリメントを利用するといいでしょう。

コラーゲンを摂取するときに気を付けたいことは、ビタミンCなどコラーゲンを体内に取り込むための働きをする成分をあわせて摂ることです。コラーゲンを摂っていても、体内に取り込まれなければ意味がありません。


体内へコラーゲンの成分を摂ったら、外側からのケアとしてもコラーゲンなどのたるみによい成分を取り入れたいですね。毎日のスキンケアは女性にとってとても大切なものですから、使う化粧品もしっかりと選びたいですね。たるみのケアに適した化粧品を選んで使いましょう。

また、表情筋を鍛えるトレーニングをしたり、マッサージなどを行うこともたるみ改善につながります。ただし、マッサージはあまりやり過ぎると、弾力のある肌の細胞を傷つけてしまう可能性がありますので、たるみが改善してきたらやめるようにしましょう。


リンパマッサージは、老廃物を排出させるために効果的ですから、むくみなどが気になるときにはおすすめです。表情筋のトレーニングとリンパマッサージは、リンパの流れや血行を促しますので、代謝機能が高まります。肌が活性化して、ハリや艶がよみがえりますので、うまく続けていきましょう。


他に注意したいことは、普段の生活の中で、紫外線を避けるようにすることです。紫外線はコラーゲンを減少させてしまいます。

紫外線のA波は、皮膚の上部の表皮を通り抜けて真皮まで届きます。紫外線A波は、過酸化水素に当たると一重項酸素という活性酸素を発生させますので、これがコラーゲンやエラスチンを壊してしまいます。


紫外線に当たることが少ないと、コラーゲンを意識して摂ることで、コラーゲンは壊れることがありませんから、肌のたるみの原因になることはありません。

外出時は、紫外線対策を忘れずに行うことが大切です。帽子を着用するなど、自分に合った紫外線対策をうまく取り入れましょう。顔のたるみを改善するには、普段の生活の中にうまく改善していく方法を取り入れることが大切です。




このページの先頭へ