頬のたるみを改善したい!自宅でできる対策は?


鏡を見た時に、「最近頬にたるみが出てきて、肌のハリがなくなってきた」と感じていませんか?

年齢を重ねていくと、どうしても気になってくることなのですが、近年はアンチエイジングともいわれていますから、努力することで実際の年齢より若々しい状態で維持することは可能になっています。

たるみが一番気になるのは、頬といえるでしょう。頬はもともと脂肪が付きやすく、たるみやすい部分でもあります。頬がたるむことで、ほうれい線の原因にもなります。


頬のたるみの原因の1つは、表情筋の衰えです。筋肉が弱くなり衰えているのです。筋肉が衰えると、頬にたくさん付いている脂肪などを支えきれなくなります。

もう1つの原因は、肌の弾力がなくなることです。肌の弾力がなくなることでも、皮膚は重力に負けて下がってしまいます。また、余分な老廃物が頬にたまることで、顔がむくんだり、その部分にたるみができます。頬のたるみの改善には、これらを防ぐことが必要になります。

表情筋の衰えが原因であれば、顔の筋肉を鍛えることが必要です。単調な生活をしていると、表情を変えることもなくなりますので、鏡を使って大きく表情を変えたり、物をよく噛むようにしたり、口を大きく開けて声を出したり、表情筋、顔筋のトレーニングをしましょう。

表情筋のトレーニング効果は、比較的早く表れますので、毎日続けるといいですね。


頬のたるみを改善するために、グッズが販売されています。ほうれい線の改善を目的としたものなど、口元を引き締める、頬のたるみをなくすために使えるものがあります。簡単に使えるものはたくさんありますので、利用してみるのもいいでしょう。

表情筋をよく動かすことで、顔のリンパの流れもよくなり、血行も促され、老廃物が排出されやすくなり、肌のハリも回復します。リフトアップマッサージなども頬のたるみの改善に効果があります。マッサージは洗顔した後などに、毎日行うといいでしょう。


他に、自宅でできる方法として、美顔器があります。頬のたるみやほうれい線に効果があるといわれるのは、超音波美顔器です。美顔器なら、ハンドマッサージとはまったく違う差が感じられるはずです。外から皮膚をマッサージするだけではなく、肌の内側に働きかけますので、頬のたるみを改善するにはとても効果があります。

たるみを解消するだけでなく、血行やリンパの流れも良くしますので、むくみも取れて肌色も明るくなります。小顔効果を感じる人もいるようですから、女性には嬉しい効果が期待できますよね。美顔器を使うときはジェルを使うなどコスメをうまく使うことで、より効果をアップすることができます。


女性にとってスキンケアは毎日のことですから、化粧品を選ぶこともとても大切です。たるみが気になる人は、肌のハリや弾力が回復する効果のあるコスメを使いましょう。

ここに挙げた表情筋トレーニングやリフトマッサージを継続して、肌のたるみを解消するコスメでケアして、美顔器なども使うことで、頬のたるみは改善するでしょう。




このページの先頭へ