レチノイン酸のアンチエイジング効果


肌の老化を防いでいつまでも若々しくいようという、アンチエイジングという言葉がここ数年で一気に浸透してきました。その中で、同じように美肌効果の高い物質として、名前が広まったのが「レチノイン酸」です。


レチノイン酸はビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを促進させる働きがあると言われています。特に肌表面にある表皮に作用するので、厚くゴワつきがちな角質層を薄くして、若々しい肌をもたらします。

また、肌に水分を保持して潤いを与える働きをもつヒアルロン酸を増やす働きも持ち合わせています。同じく、肌の弾力維持に欠かせないコラーゲンについても、真皮層で作用して働きをよくしてくれるのです。

このようにレチノイン酸はまさに、美肌とアンチエイジングの万能薬とも言えます。


ネックは、今の日本においては私たちが自由に使えないことです。美容大国アメリカではすでに、シワの治療などに用いられていますが、立ち位置はあくまでも「薬」になっています。それは、その効果の高さゆえの副作用の懸念があるからです。

レチノイン酸は肌に多く働きかけ、アンチエイジングに効果的な作用をしてくれる分、赤みをもたらしたり、ひどい場合には皮がむける、痛みをうむ、といった症状があらわれます。

こういったことから日本では正式な使用が認められていませんが、皮膚科や美容外科など専門の医師が、独自に処方するなどしているようです。海外輸入などで手に入らないこともないようですが、トラブルを避けるためにも医師に相談する方がよいでしょう。


このようにレチノイン酸は効果とともにリスクも高いことから、一般的には、同じようにビタミンAの一種で、レチノイン酸と近い働きをするレチノールが使われています。

レチノイン酸のような副作用はほとんど起こらない分、効果は20分の1程度になってしまいますが、ターンオーバーを活発にする働きがあります。レチノールの配合された化粧品の種類はどんどん増えているので、選択肢も広がっていきそうです。





このページの先頭へ