必要な成分を補って老化防止


加齢による肌の老化は避けられません。しかし日々のちょっとした努力や工夫を続けることで、程度を軽くしたり遅らせたりすることはできます。肌のアンチエイジングには、ターンオーバーに欠かせない必要な成分を補うことと、刺激から肌を守ってあげることが大切です。


必要な成分として、近年注目を集めているのが女性ホルモンです。イソフラボンに代表される、植物性の女性ホルモンに似た働きをする成分を摂取することでアンチエイジングに効果があると言われています。

女性ホルモンは、女性らしい体つきや女性機能の働きに欠かせませんが、年齢とともに減少していきます。柔らかいみずみずしい肌も、女性ホルモンの働きが不可欠で、更年期くらいからは積極的に摂取していくとよいです。

イソフラボンを摂取することで、肌の奥の真皮層にあるコラーゲンの働きを活発化させます。これにより肌のハリや潤いを保つ力が、高まる可能性があります。

またイソフラボンには、美白作用もあると言われています。それはシミの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあるからです。イソフラボンの摂取は、肌の弾力を維持する面、シミを防ぐ面の両方で、アンチエイジング効果が期待できます。


他にも、アンチエイジングに効果的な成分として、ビタミンCがあります。ビタミンCは言わずと知れた、美肌に必須の成分ですが、具体的にはコラーゲンを増やす働きもあると言われています。ビタミンCが肌の奥の真皮層にまで吸収されると、コラーゲンの生成を促します。

ただビタミンCは熱に弱く、その成分や形を維持したまま肌に浸透させるのは難しいと言われてきました。しかし最近では、ビタミンCをより壊れにくく、かつ浸透しやすいように改良された、ビタミンC誘導体というものが作られています。


化粧品にもこの誘導体の形で配合されているものが増えています。イソフラボンと同じように、美白にも効果があるので、肌のハリとシミ対策ともに可能です。





このページの先頭へ