肌のハリ維持のスキンケア


肌のハリや潤いを保って、いつまでも若々しい肌でいたいというのは多くの人が望むことです。とはいえ千里の道も一歩から、ローマは一日にして成らず、つまり日々の地道なケアが欠かせません。

正しいケアの方法はひとまず置いておいて、とりあえず間違ったケアをしていないかを確認してみましょう。


●パックはより効果をあげるために、長めに行う
これは間違いです。注意書きにも「決められた時間をお守りください」なんて書かれてありますが、あれは一応書いてあるのではありません。守らなければ、返ってお肌にダメージを与えてしまうことになりかねないから、書いてあるのです。

パックには毛穴の汚れやつまりを取るタイプのものと、美容成分などを浸透させるタイプのものとがありますが、両方とも決められた時間を守りましょう。

前者では、汚れを取る成分が必要以上に毛穴の奥にまで入ってしまって取れなくなったり、必要な皮脂まで吸収して乾燥を招くことなどがあります。

後者では、長くパックをすることでシートの乾燥とともに肌の水分まで蒸発してしまいます。お肌に潤いを与えるはずが、お肌の水分を奪うことになってしまっては元も子もありません。

肌の乾燥は、肌のハリの低下原因のひとつなので、欲張らずにきちんと時間を計って使いましょう。


●乾燥肌なので、朝は洗顔をしない
これも間違いです。確かに、乾燥肌の場合、必要以上に洗顔したり、洗浄力の強すぎる洗顔料を使うことはよくありません。

しかし、どんなに寒い日でも私たちは寝ているあいだに汗をかき、皮脂も分泌されています。それをそのまま放っておくと酸化し、肌に刺激を与えてしまいます。


夜にしっかりとクレンジグや洗顔、スキンケアをすることは大切ですが、朝も最低限の汚れは落とすべきです。ただしはじめに言ったように、過剰な洗顔はマイナスになるので、特にベタつきなどが気にならなければ朝は簡単に、時間もかけずに行ってよいでしょう。キレイな肌の状態にしてスキンケアをすれば、より化粧ノリもよくなると思います。

 肌のハリを取り戻す化粧品は?






このページの先頭へ