エイジングケア、効果的な方法


老化から体を守る最大の要因・攻略法は、「デトックス」「抗酸化」「ホルモンの補充」の3つといえるのではないでしょうか。


デトックスとは、体の中で知らず知らずのうちに貯められた毒素を体の外に排出することです。毒素には、微量ながらも生活する中で取り込まれてきた有害な重金属があります。例えば、水道管から出る鉛、魚に含まれる水銀、農薬に含まれるヒ素、大気中のダイオキシン、食品添加物などです。

これらの蓄積した有害物質が、体の働きを助ける酵素とつながると、本来の働きができなくなり、体に悪影響を与えます。


また、これらの有害物質は活性酵素の働きを活発にして、体の中の細胞を傷つけるというデメリットもあります。

これらの有害物質を、体外に排出することがデトックスです。デトックスの方法には、排せつ、発汗の他、入浴、断食、腸内洗浄、食事療法、運動療法、遠赤外線やサウナ、アロマテラピー、キレーション、サプリメントを使うことなどがあります。

しかし、これらの毒素の約95%は、「排便と排尿」で体内から排出されます。効率よく排出するために、最も大切なのは快調な排便だと言うことがわかりますよね。


「抗酸化」とは、老化を促進する「活性酸素」が与える悪い影響から体を守ることです。活性酵素は元々体内に侵入した有害な細菌やウィルスから体を守る働きをしていますが、活性酵素が多くなると反対に、自分の細胞を傷つけてしまいます。

これが体内の老化を進め、肌を衰えさせ、臓器の働きを悪くし、さまざまな病気を引き起こすことにつながっていくと言われています。活性酵素は喫煙や加齢、紫外線、ストレスなどによって増えていくといわれており、この活性酵素を無害な物質に変え、細胞を守る働きを抗酸化といいます。

抗酸化物質として有名なものに、コエンザイムQ10、ビタミンC、E、A、ベータカロチン、ポリフェノールなどがあります。これらを多く含む緑黄色野菜を多く摂り、サプリメントなどでも補給するとよいでしょう。


年齢を重ねるにしたがって、体内のホルモン量は少なくなっていきます。女性ホルモンが少なくなることで起こる更年期障害など、体への影響も大きいものです。それを補給しようというのが「ホルモン補充」の考え方です。多くは医療機関でないとできません。

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを食べ物や化粧品などから補充することも、遠い意味ではホルモン補充と言えなくもありませんが、正式には体内のホルモン量を調べて補充することがホルモン補充です。


<PRサイト>
http://www.myekgonweb.com/index-54.html




このページの先頭へ